:@

トップページ >機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)について

機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)について

機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)とは

慢性的に胃の不調を訴えてる人が日本におよそ1000万人いるといわれています。その中には胃潰瘍、胃がんなどのはっきりとした病気があり、そのため胃の不調などの症状が表れて以下たがもいますが、病院で受診し、検査を受けても不調の原因となる病気が見つからないことも少なくありません。
そのような場合かつては、胃の炎症がないにもかかわれず、「慢性胃炎」と診断されたり、気のせいと治療の対象にされなかったことがありました。
しかし現在では、それらの原因は解明されつつあり、原因不明の、胃もたれ、お腹の張り、腹部膨満感、胃痛、などの症状は「機能性異常」によって起こるもことが明らかになってきています。

機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)の原因と自律神経について

胃の運動は自律神経がコントロールしています。ストレスなどで自律神経が乱れると、胃の「運動機能異常」が起こります。
胃に食べ物が入ると、胃の上部が膨らんで食べ物を受け入れますが、十分に膨らまない場合、早期膨満感が現れます。、また、胃の蠕動運動で胃の内容物を十二指腸に送りだしますが、動きが悪くなると「胃もたれ」が起こります。
また、の「知覚過敏」といく機能異常が起こることもあります。胃は通常、胃酸が分泌されても、何も感じませんが、知覚過敏になっていると、胃が痛みを感じてしまうことがあります。
このように、機能異常によって、もぞおち、上腹部を中心としておなかに様々な症状が現れることがあります。このような原因となる病気が無く、機能の異常によって起こる症状(ディスペプシア)を機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)といいます。
機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)では、機能異常により、胃の働きが低下が引き起こされ、様々な症状が起こると考えれれます。これまでは、「胃下垂」「胃けいれん」「神経性胃炎」「慢性胃炎」などと呼ばれてきたものが、機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)に含まれています。

機能性胃腸症の様々な症状

胃の機能が低下する原因として「自律神経の働きが低下する」「ストレスなどの原因で、微細な炎症が粘膜や筋肉に起きている」などが考えれれています。

胃もたれ

お腹の張り

腹部膨満感

食事をするとすぐにお腹がいっぱいになってしまう

胃がキリキリ痛む

食欲不振

吐き気

胃の不快感

ゲップが良く出る

みぞおちの痛み


指圧はり灸治療院 yamamoto

〒173-0004 東京都板橋区板橋1-49-12 佐藤ビル2F
TEL:03-3964-2240

診療時間 日・祝日
10:00〜13:00
14:00〜20:00
(最終受付 19:30まで)

●JR埼京線 板橋駅西口 徒歩3分
●都営三田線 新板橋駅A3出口 徒歩2分
●東武東上線 下板橋駅北口 徒歩6分


大きな地図で見る

お身体のつらい症状、どんな事でも、お気軽にご相談ください。

このページの上部へ>>

トップページ> | 当院の案内 | 治療内容・料金 | 初めての方へ | よくあるご質問 | 患者様の声 | 地図・アクセス | サイトマップ | プライバシーポリシー | 相互リンク