:@

トップページ >機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)>症状

機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)の症状

早期膨満感(お腹の張り)

食事を少し食べただけですぐにお腹がいっぱいになっていまう。このような症状を早期膨満感といいます。これは機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)の代表的な症状の1つです。
通常、食事をすると胃の上部が膨らみ、ココに食べ物をためていきます。胃の膨らむ機能に異常がおきて、いが十分にっ膨らまないとすぐにお腹がいっぱいになり、食べたいのに食べられないという状態になります。

胃もたれ

胃もたれは、食べたものがずっと胃に残っているように感じる症状のことです。病院の内視鏡などの検査で異常が見つからないということなら、機能性胃腸症(機能性ディスペプシアの可能性があり余す。胃の粘膜に異常がないのに胃がもたれるのは、胃の運動機能異常が起きているからです。
胃の運動が低下すすることで、胃の機能が低下し蠕動運動うまく起きず、食べたものが胃から十二指腸に排出されるのが遅くなっているからです。胃の運動機能異常の原因は、心身などのストレスなどがきっかけとなり、食生活などの生活習慣の乱れなどによることが多くあります

胃の痛み

胃の痛みが度々あり、続いているが、病院の検査で異常見られない場合は機能性胃腸症(機能性ディスペプシアの可能性があります。
痛みの原因は「内臓知覚過敏」によるものです。胃が胃酸に対して、過敏になりすぎ胃酸の量にかかわらず痛みを感じてします状態です。かつて病院では「神経性胃炎」や「慢性胃炎」と診断されていたこともあります。

食欲不振

食欲が無く、胃の不快感や胃痛などが続いているのに、病院の内視鏡などの検査では原因になる病変が見つからない場合、機能性胃腸症(機能性ディスペプシアの可能性があります。
胃腸の働きは自律神経がつかさどっており、ストレスや環境の変化、生活の変化など様々な原因で、自律神経が乱れ胃腸の働きに変調がきたしたものです。また、気分の落ち込みやうつ傾向、夜眠れないなどの睡眠障害のなども、同時に現れることもあります。

機能性胃腸症(機能性ディスペプシアの様々な症状

機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)はストレスや生活習慣などの影響による自律神経の乱れが主な原因といわれています。腹部膨満感(お腹の張り)、胃もたれ、胃痛、食欲不振の症状以外にも自律神経の乱れに伴う様々な症状が現れることがあります。

腹部膨満感(お腹の張り)

食事をするとすぐにお腹がいっぱいになってしまう

胃がキリキリ痛む

胸焼け

胸のうつかえ

気持ちが悪い

吐き気

胃の不快感

ゲップが良く出る

みぞおちの痛み

気分落ち込み

うつ傾向

睡眠障害・不眠症


指圧はり灸治療院 yamamoto

〒173-0004 東京都板橋区板橋1-49-12 佐藤ビル2F
TEL:03-3964-2240

診療時間 日・祝日
10:00〜13:00
14:00〜20:00
(最終受付 19:30まで)

●JR埼京線 板橋駅西口 徒歩3分
●都営三田線 新板橋駅A3出口 徒歩2分
●東武東上線 下板橋駅北口 徒歩6分


大きな地図で見る

お身体のつらい症状、どんな事でも、お気軽にご相談ください。

このページの上部へ>>

トップページ> | 当院の案内 | 治療内容・料金 | 初めての方へ | よくあるご質問 | 患者様の声 | 地図・アクセス | サイトマップ | プライバシーポリシー | 相互リンク