トップページ >機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)>ストレス

胃痛(胃の痛み)と機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)

ストレスと機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)

ストレスは機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)などの胃の不調を招く重大な原因です。ストレスが胃に及ぼす影響は大きく分けて2つ分けられます。
1つは、自律神経の働きを乱してしまうという影響です。自律神経は内臓などの動きをコントロールしている神経で「交感神経」と「副交感神経」がありそれぞれがバランスを取りながら働いています。
たとえば胃は、自分の意思とは関係なく、食事し食べ物が胃に送り込まれてくると、自律的に動いたり消化液を分泌したりして、食べ物を消化し腸へと送り出していきます。そのため、自律神経の働きが乱れると、胃の蠕動運動がが低下したり、胃酸の分泌が増えたりすることがあります。
もう1つは、知覚に対する影響です。ストレスがあると胃や食道の知覚が過敏になりやすく、胃酸などの刺激を感じすぎてしまいます。そのため少量の胃酸でも強い症状が現れることがあるのです。
ストレスには様々な種類のストレスがあります。自分がどのようなストレスを受けているのか自覚できれば、それに対処すくことが出来ます。しかし実際にはストレスを自覚が出来ないケースも多くあり、これが機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)などの胃の不調の治療が難しいとされている理由のひとつです。

機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)の原因と考えれれるさまざまなストレス


精神的な悩み

仕事や家事、人間関係など日々の生活で感じる疲れや悩み、家族に病気、死別、仕事の転勤、移動、失業、災害など人生を左右するような出来事も大きなストレスとなる。

健康に対する不安

友人や知人が病気になったり、「もしかして自分も」など、健康に対する不安があるとそれがストレスになる。

季節の変化によるストレス

冬から春に変わる3月ごろや、夏から秋に変わる9月ごろなど、季節の変わり目に生じる気候の変化が気が付かないうちにストレスになることがあります。

環境の変化によるストレス

引越しや、転勤、転校、退職、転職 など今までの環境が変わると心身ともに大きな負担がかかります。結婚や仕事の昇進など本来は良い出来事もそれをプレッシャーに感じてストレスになってしますことがあります。

機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)など胃腸の不調はさらにストレスになり、悪循環へ

機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)などににより、胃腸の不調がおきると不調そのものがストレスになります。そしてそのストレスにより、自律神経の働きが乱れたり、胃や食道の知覚が過敏になったりして、さらに症状を引きを越すという悪循環に陥ってしまいます。 機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)の原因のいとつとなるストレスによる、悪循環を断ち切るきることがストレスの対策が必要です。 ストレスを取り除くことにより、機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)の胃もたれ、胃痛、膨満感などの症状が改善することも多くあります。

ストレスの悪循環

脳が強いストレスを感じる

自律神経の働きが乱れる。
自律神経には、活動時に働く、交感神経と、安静時に働く副交感神経があり、ストレスを受けると胃の働きを調整している副交感神経より、交感神経が優先して働く。

胃や食道の機能に異常が起こる。
自律神経の働きが乱れ、ストレスにより副交感神経の働きが抑制されるため、胃の働きが悪くなったり、胃、食道が胃酸の刺激に過敏に反応するなど機能異常が起こる。

症状によりさらにストレスが生じる。
胃もたれ、胃痛、膨満感などの不快な症状により、心身ともにさらにストレスを感じる。

指圧はり灸治療院 yamamoto

〒173-0004 東京都板橋区板橋1-49-12 佐藤ビル2F
TEL:03-3964-2240

診療時間 日・祝日
10:00〜13:00
14:00〜20:00
(最終受付 19:30まで)

●JR埼京線 板橋駅西口 徒歩3分
●都営三田線 新板橋駅A3出口 徒歩2分
●東武東上線 下板橋駅北口 徒歩6分


大きな地図で見る

お身体のつらい症状、どんな事でも、お気軽にご相談ください。

このページの上部へ>>

トップページ> | 当院の案内 | 治療内容・料金 | 初めての方へ | よくあるご質問 | 患者様の声 | 地図・アクセス | サイトマップ | プライバシーポリシー | 相互リンク