トップページ >自律神経失調症

自律神経失調症と鍼灸(針灸)マッサージ治療

自律神経失調症と自律神経について

人間の神経系には中枢神経と末梢神経系とがあり、末梢神経系を通して、各臓器や各期間が働いています。末梢神経系は大きく分けて、二種類あり、一つは体性神経もう一つは自律神経と呼ばれています。体性神経は自分の意志で身体の各部分を動かすための神経で、手足を動かしたりする神経です。
自律神経は自分の意志とは関係なく働く神経で、呼吸、消化、循環、排泄、生殖など生命に欠かせない機能を調節しています。汗や唾液がでたり、動悸がしたりなども自律神経の働きによるものです。人間の身体はこの二つの神経系がうまく働くことがとても大切です。さらに、自律神経には交感神経と副交感神経があります全身にくまなく分布しています。この二つの神経は一部の例外を除き、お互いに相反する働きをしながら、内臓など全身をコントロールしています。
自律神経失調症ではこの二つの神経バランスが崩れ、倦怠感、めまい、息切れ、吐き気、動悸、頭痛、腹痛、下痢、便秘、肩こり、腰痛、冷え、など様々な身体症状(不定愁訴)があらわれます。

自律神経失調症の症状

自律神経失調症は様々な症状の総称です。症状は人によってずいぶん違います。その症状は頭部から首肩、心臓、呼吸器、血管系、皮膚、胃腸など全身いたる所に現れます。それは自律神経が身体の全ての器官に影響を与えているからです。
起こりやすい症状として、頭痛、めまい、肩こり、動悸、息切れ、のどの異物感、立ちくらみ、手足のシビレ、吐き気、腹部の不快感、膨満感、下痢、便秘などが上げられます。
これらの症状の現れ方も人によってさまざまで、一つの症状が続く人もいれば、「頭痛と、動悸と腹部膨満感」など同時にいくつかの症状を抱えている人、毎日不調が続く人もいれば、日によって大きな変化がある人もいます。
また身体症状のほか、疲れやすい、夜眠れない(睡眠障害)、食欲がない、めまいがするなど、慢性的な身体症状を伴うことが多いもの自律神経失調症の大きな特徴です。
との他、つらい症状、身体的な自覚症状があるにもかからず検査で異常が見つからない場合は自律神経のバランスが乱れ、身体の不調が現れる「自律神経失調症」の疑いがあります。

全身性症状

全身の倦怠感、疲労感、疲れやすい、立ちくらみ、微熱、寝汗、身体のほてり

精神症状

集中力がない、いらいらする、記憶力、注意力の低下、悲しい、寂しい、

神経筋性症状

 不眠、睡眠障害、めまい、シビレ、肩こり、背部痛、腰痛、頭痛、頭重

心血管性症状

動悸、息切れ、胸内苦悶、浮腫(むくみ)

胃腸系

食欲不振、胃痛、胃もたれ、悪心、腹部不快感、腹部膨満感、腹痛、便秘、下痢

自律神経失調症と鍼灸(針灸)マッサージ治療

当院の鍼灸、マッサージ治療は、東洋医学の理論に基づき全身の気、血、津液の流れを改善し、体全体の、気を整え、自律神経の乱れを整えていきます。鍼灸治療は身体を副交感神経優位の状態にする効果があり、この事により心身をリラックスさせ、自己免疫力、自然治癒力を挙げていきます。
さらに、全身の気の流れ、自律神経の乱れを整えると同時に患者さんそれぞれの症状に対し、各経絡、経穴(つぼ)を使ってきめ細かい治療を行っていきます。
また、食事など生活指導や、運動法、呼吸法、自宅でのお灸、なども指導し症状の改善を目指していきます。

指圧はり灸治療院 yamamoto

〒173-0004 東京都板橋区板橋1-49-12 佐藤ビル2F
TEL:03-3964-2240

診療時間 日・祝日
10:00〜13:00
14:00〜20:00
(最終受付 19:30まで)

●JR埼京線 板橋駅西口 徒歩3分
●都営三田線 新板橋駅A3出口 徒歩2分
●東武東上線 下板橋駅北口 徒歩6分


大きな地図で見る

お身体のつらい症状、どんな事でも、お気軽にご相談ください。

このページの上部へ>>

トップページ> | 当院の案内 | 治療内容・料金 | 初めての方へ | よくあるご質問 | 患者様の声 | 地図・アクセス | サイトマップ | プライバシーポリシー | 相互リンク